善玉バイオ ® 浄 JOE 世界のプロが驚いた!夢の洗浄力とエコパワー!

善玉バイオテクノロジー

最小限の界面活性剤しか使用していません

一般的に販売されている洗濯洗剤は、界面活性剤という成分を洗浄主成分として製造されています。
成分表記の一番最初に界面活性剤が表記されているのが、そのことを示しています。
しかし、善玉バイオ ®浄は洗濯洗剤の主成分ともいえる界面活性剤の配合量を0.5%以下に抑えて、しっかり洗浄力を維持することに成功いたしました。
界面活性剤は決して悪いものではありません。
洗浄の際に油分を乳化させ、洗濯液の中に汚れを分散させて汚れを落とすという優れた機能を持っていますが、環境に対する負荷のほとんどが、界面活性剤によるものです。
一般的な洗濯洗剤は粉末タイプで「20・7%」、液体タイプで「40・0%」と大量の界面活性剤を使用しています。
・ しかも、界面活性剤による泡の発生を抑えるために、泡消し剤(シリコン)を配合しているものもあります。
善玉バイオ浄は、先述のとおり界面活性剤の配合量が0.5%と大変少量なので、お洗濯の時に泡がほとんどたちません。それはつまり、すすぎが早く時間も水も節約出来るということなのです。
界面活性剤を少なくすることで得られるメリットを、十分に体感していただける洗剤が善玉バイオ ®浄です。
左:善玉バイオ浄 右:一般的な洗剤左:善玉バイオ ®
右:一般的な洗剤
同じ条件下では泡のたち方が少ないことがわかります。
左:善玉バイオ浄 右:一般的な洗剤
同じ条件下では泡のたち方が少ないことがわかります。

環境にも配慮しています

善玉バイオ ®浄は、界面活性剤をほとんど含んでおらず、生分解性の高い原材料を使用しているため、環境への負荷を大幅に軽減することに成功いたしました。
金魚における魚毒性実験においても優秀な結果を収めています。
下記検査の内容は、洗濯時の水(もっとも濃度の濃い液)の中で金魚が48時間生存できるのかを調査したものです。
1匹の金魚も死んでしまうことなく、実験終了後は通常環境で飼育し、今でも元気に水槽で泳いでいます。

左:善玉バイオ浄 右:一般的な洗剤
浄の洗濯液の中で、金魚が
48時間生存できるのかを調査。
左:善玉バイオ浄 右:一般的な洗剤
実験終了後は、通常環境で飼育。